コンテンツに移動
テキスト代替案:Google タグが掲載されたウェブページ

タグ設定を確実に実装します

タグはプライバシーに配慮した測定を行うための基盤となるものです。Google タグまたは Google タグ マネージャーを使用してサイトワイド タグ設定を行うと、自社のサイトと同じドメインの Cookie(ファーストパーティ Cookie)をウェブサイトに配置してコンバージョンを測定し、ユーザーから提供されたデータを最大限に活用できます。

テキスト代替案:Google タグが掲載されたウェブページ
LähiTapiola のロゴ

LähiTapiola は、ファースト パーティ データの結果を活用し、コンバージョンを増やす。

フィンランドに拠点を置く大手保険会社の LähiTapiola は、予算を効率良く配分しながら、デジタル ユーザーの獲得戦略も拡充したいと考え、Google および代理店 OIKIO と連携してウェブサイト全体に Google タグを実装しました。Google 広告キャンペーンで自社データを使用できるようになったことで、同社はコンバージョン数を 37% 増やし、コンバージョン単価を 7% 抑えることができました。

サイトワイド タグ設定の仕組み

  • ウェブページにタグを付けるカーソルのイラスト

    Google タグなどのサイトワイド タグを使用して、自社のウェブサイトに訪問したユーザーに ファーストパーティ Cookie を付与します。

  • 顧客のプロフィールアイコンに囲まれる Google タグのイラスト

    ウェブサイトに訪問したユーザーが広告に接触すると、サイトワイド タグでは接触操作に関する情報を含むファーストパーティ Cookieを保存します。

  • 顧客コンバージョンにおけるすべてのステップのリストを表示するスマートフォンのイラスト

    ユーザーがウェブサイトでコンバージョンすると、タグがその Cookie を読み取り、Google 広告アカウントにコンバージョンが記録されます。

サイトワイド タグ設定の利用を開始する

詳細はこちら Google タグについて

よくある質問

Google タグはどのようなデータを収集していますか?

Google 広告では、関連するタグが設置されたページでのみデータが収集されます。ウェブサイトで収集されるデータについては、ユーザーに明確かつ総合的な情報を提示し、法律または Google のポリシーで必要とされる場合は同意得ることが重要と捉えています。

グローバル サイトタグと Google タグの違いは何ですか?

Google は、業界の変化に対応して広告効果測定をを継続できるよう、タグ設定の改善を進めてきました。Google タグは、グローバル サイトタグに代わる再使用可能な統一仕様のタグで、測定を簡素化し、新たなコードを追加しなくても新しい機能を使用できます。グローバル サイトタグをすでに設定している場合は、変更を加える必要はありません。実装している既存のタグは引き続き機能し、自動的に Google タグに更新されます。

サイトワイド タグ設定を、Google 広告ではなく、Google タグ マネージャーを使用して行うのはなぜですか?

ウェブサイトで複数のタグを管理する必要がある場合、企業向けの総合的なタグ管理システムである Google タグ マネージャーの使用をおすすめします。Google タグ マネージャーを使用すると、Google の各種サービスに加え、Google 以外のサービスからも同じインターフェース内でタグを設定したり実装することができます。より簡単にサイトで実装する方法をお探しの場合は、Google タグを使ったサイトワイド タグ設定を行い、Google 広告と Google アナリティクスでの測定を拡充することをおすすめします。