戻る

オフライン広告 Google 広告の連動で認知拡大売上増を実現

戻る

オフライン広告 Google 広告の連動で認知拡大売上増を実現

紹介企業について

「夢職人」は 2007 年に創業したモノづくりの会社。主力商品は、累計 150 万本を売り上げた歯ブラシ「MISOKA」です。毛先にナノサイズのミネラルをコーティングすることで、磨いた後も美しい状態の歯が保たれる点が多くのユーザーに支持されています。オフライン広告に Google 広告を組み合わせた施策で、認知の拡大と売上増に成功しました。

課題

MISOKA の発売当初は、新聞広告やラジオ広告で一定の成果を上げていたものの、2 年ほどでその効果が頭打ちになっていた。

解決策

ラジオや新聞広告の出稿時期に合わせ、検索広告でキーワードを幅広く設定。リマーケティングで訪問者の後追いも徹底した。

結果

自社オンラインショップの訪問者数が 2 か月で 1500% アップ。売上も倍増。客単価も 150% アップ。

「Google 広告では、その期間に検索されそうなキーワードを 厚めにセットしておくことが重要と考えています」

株式会社夢職人
代表取締役 辻 洋平 様

成果

1500%

施策後の PV 数

+150%

客単価の向上率

オフライン広告で得られた成功と限界。新対策として Google 広告の採用へ

同社の主力製品「MISOKA」の広告は、もともとは新聞やラジオなどのオフラインを中心に展開されていました。2011 年に初めて新聞広告が掲出され、次に AM ラジオの広告を展開して両者共に大きな成果をあげることに成功。売上による儲けは知名度向上、ブランディング向上のために広告に使われてきたものの、この施策を 2 年ほど続けていくと次第に頭打ち感が感じられるようになってきました。そこで同社は、異なる顧客層に向けてオンライン広告を始めようと判断し、Google 広告活用に取り組むことを決意しました。

認知向上と顧客獲得の施策を オフラインと Google 広告で展開

同社はまず、オフライン広告とオンライン広告の特性を比較分析。そこで認知向上と顧客獲得のために、2 つの施策をセットで展開することにしました。1 つはオフラインとオンラインの効率的な連動です。オフラインでは認知を高め、そこから情報を検索したユーザーに対し、オンライン広告を見てもらい自社サイトへ誘導。効果を高めるためにも、ラジオや新聞への広告出稿に合わせてオンライン広告の予算も変え、オフライン広告の出稿先を選ぶ際にもオンライン上での反応などを参考にしました。そしてもう 1 つ、同社が重視したのは、一度サイトを訪問したユーザーに継続的に広告を配信するリマーケティング機能。訪問したユーザーを追いかけて広告を出すことで再度の誘導が図れ、そこで試し買いをする確率も上がるとして、リマーケティングに重点的に予算が組まれました。

認知と売上の両面を Google 広告が支えた

2 つの施策の結果、PV 数は 2 か月で 1500% アップ。オンラインショップの売上げも倍増し、客単価も同期間で約 150% 向上という成果につながりました。さらに、オンライン広告を見た顧客が近くの店舗で購入されるというケースも増え、リアル店舗の売上げ向上にも貢献しています。同社は全広告予算の 4 割ほどを Google 広告に割り振っていますが、今後はオンライン広告をより厚くしていく予定です。

Google 広告を今すぐ始めるには こちらをクリックしてください。

アカウント設定のサポートが必要な方はこちらの電話番号から Google 広告担当者にお電話ください:0120-752-655*

共有しよう

広告で顧客を増やしましょう

  • 1. アカウントを登録
  • 2. 予算を設定
  • 3. 広告を作成
0120-752-655*

Google 広告担当者にお電話ください。アカウント設定のサポートをいたします。

平日(土日祝日除く)9時~18時