戻る

特徴のあるキーワード選択で 自院に適した患者へアプローチ

紹介企業について

池袋同仁歯科クリニックは、顎関節症やかみ合わせなどの治療を得意とする歯科医院。「80 歳で 20 本の歯を残す」という方針で治療を展開しています。長いお付き合いを前提とした診療方針に共感してくれる方に、多く来院してほしいと Google 広告(旧 Google AdWords)で施策を実行し、クリニックの治療方針に合った患者の来院を促進しています。

課題

得意としている顎関節症の治療が必要な患者の来院を促したいと考えていたものの、新規患者の来院数が伸び悩んでいた。

解決策

「顎関節症」の治療方法を探す際に使用するキーワードを中心に広告を配信。また配信地域を近隣のみに絞り込んだ。

結果

クリニックの強みとユーザーニーズがマッチし、顎関節症に悩む近隣の方からの問い合わせが 20 件/月ほど増加した。

「当院の治療方針に合った地域の患者様の集客につながっています。
患者様と当院の双方にとって、よい結果になったと思います。」

医療法人社団 良口会 池袋同仁歯科クリニック

理事長 河合 様

成果

+20 件

増加した問い合わせ件数(1 か月あたり)

クリニックに合った来院患者を
より多く集客したい

同クリニックは、地域の人向けに宣伝として立て看板を出すなどのアピールをしていたものの、思うように来院へと結びつけることができませんでした。そんなとき、クリニックのウェブサイトの検索結果を確認していて目についたのが Google 広告でした。そこで同クリニックは Google 広告を導入し「自院の治療方針に合った、近隣の患者」を集める方法を模索していました。

配信地域とキーワードで
ターゲットを絞り込み

同クリニックは 2 つのポイントに注目し、施策を展開しました。まずは配信地域を絞り込み、広告を配信。確実に来院できる範囲のユーザーにのみ広告が表示されるよう、地域を限定しました。池袋を中心に広告配信エリアを選択したり、検索広告のキーワードに「池袋」を組み合わせたり、といった設定を行いました。次に実施したのが、クリニックの診療の特徴に合ったキーワード選び。診療の特徴に関して選ばれたキーワードは「顎関節症」でしたが、このワードは人気が高いビッグワード。そのため単価が高く、期待するようなユーザーの絞り込みが難しい可能性もありました。そこで「顎関節症」というキーワードに、いくつかの言葉を組み合わせるなどして、より実践的な治療を求めている人が検索しそうなキーワードを設定しました。

Google 広告経由で
双方のニーズに合った患者が来院

施策の結果、狙いどおりに近隣ユーザーからの顎関節症に関する問い合わせが増加しました。現在 Google 広告経由を含め、治療の申し込みや問い合わせは 1 か月で 20 件ほど増加しています。

Google 広告を今すぐ始めるには こちらをクリックしてください。

アカウント設定のサポートが必要な方はこちらの電話番号から Google 広告担当者にお電話ください:0120-443-099*

PDF版資料はこちらから

PDF版では、事例の詳細についてご覧頂けます。ぜひご活用ください。

PDFをダウンロード

共有しよう

広告で顧客を増やしましょう

  • 1. アカウントを登録
  • 2. 予算を設定
  • 3. 広告を作成
0120-443-099*

Google 広告担当者にお電話ください。アカウント設定のサポートをいたします。

平日(土日祝日除く)9時~18時