戻る

飲食店従業員のスマホ活用増加を受け、Google 広告を導入。キーワード最適化 AB テストを徹底した

紹介企業について

八面六臂(はちめんろっぴ)株式会社は、全国各地の水産物や青果、精肉といった生鮮食品をはじめとしたさまざまな食品をインターネットを使って飲食店向けに販売する BtoB 向けの EC サービスを展開しています。同社はGoogle 広告(旧 Google AdWords)の検索広告とディスプレイ広告を活用し、新規顧客の獲得と顧客獲得単価(CPA)の削減を実現しています。

課題

営業活動の中心だったテレアポなどの手法では、効率が悪い上に顧客獲得単価も高止まりしていた。

解決策

飲食店従業員のスマホ活用増加を受け、Google 広告を導入。キーワード最適化や AB テストを徹底した。

結果

広告配信後、新規顧客の半数以上を Google 広告から獲得。また獲得単価の削減、社内の組織体制効率化も実現。

「飲食業界のオンライン マーケティングでは、お客様がお客様になろうと思う
その瞬間に効率的にコミュニケーションすることが重要です」

八面六臂株式会社

代表取締役 松田 様

成果

50% 以上

Google 広告を経由した新規獲得顧客の割合

精度の低いアナログな集客で
CPA が高騰していた

飲食業界は、ほかの業種に比べてインターネットの利用環境が整っていないという現状がありました。そのため、これまでは集客手段も電話、FAX、飛び込み営業といった、アナログな集客が一般的でした。しかしこれらの集客活動は精度が低く、ビジネスが成長しにくいという課題があり、顧客獲得単価も高止まりしていました。昨今のスマートフォンの普及により、飲食業界においてもインターネットの利用環境が改善しつつあります。店舗で働く従業員も、スマートフォンを持つことが当たり前になりました。同社はこれをひとつのチャンスと判断しました。

検索広告とディスプレイ広告で
BtoB の見込み顧客層にリーチ

同社は、オンラインによるマーケティングに着手することを決断します。検索広告では「仕入れ」「業務用」といった、ターゲットを意識したキーワード設定を行い、すでに商品を仕入れる予定がある見込み顧客層に訴求。Google ディスプレイ ネットワークでも、興味や関心に基づいたターゲットに絞ってアプローチしました。さらにクリエイティブでは、見込み顧客層が求める食材を意識してバナーを複数作成。顧客の反応を見ながら AB テストを繰り返し、内容を改善しました。

CPA の削減、新規顧客の半数以上を
Google 広告から獲得

施策後、新規で獲得した顧客の半数以上が Google 広告経由になり、CPA の削減にもつながっています。これによって社内の組織体制も効率化され、新規顧客獲得の自動化を進めることができています。

Google 広告を今すぐ始めるには こちらをクリックしてください。

アカウント設定のサポートが必要な方はこちらの電話番号から Google 広告担当者にお電話ください:0120-443-099*

PDF版資料はこちらから

PDF版では、事例の詳細についてご覧頂けます。ぜひご活用ください。

PDFをダウンロード

共有しよう

広告で顧客を増やしましょう

  • 1. アカウントを登録
  • 2. 予算を設定
  • 3. 広告を作成
0120-443-099*

Google 広告担当者にお電話ください。アカウント設定のサポートをいたします。

平日(土日祝日除く)9時~18時