戻る

Google 広告の戦略的な活用で、知名度と利益率の向上を達成

戻る

Google 広告の戦略的な活用で、知名度と利益率の向上を達成

紹介企業について

新興国への中古車輸出を展開している株式会社ビィ・フォアードは、世界各国での販売促進のために Google 広告(旧 Google AdWords)を利用しています。ディスプレイ広告と検索広告、動的リマーケティングなどを組み合わせて利用することで、知名度向上と売上増を実現しています。

課題

SEO やメディアサイトへの広告出稿で一定数の認知は得たものの、ユーザー層の広がりに限界を感じていた。

解決策

キーワードを出稿する国の検索傾向に合わせ最適化を進め、動的リマーケティングで訪問歴のあるユーザーに再訪を促す。

結果

Google 広告開始後に、ROI(投資収益率)が 600% 向上。さらに、動的リマーケティングにより流入数 4 倍を達成した。

「新たな市場の重要性を認識できたのも Google 広告のおかげです。 越境 EC の先駆者として、ジャパン クオリティのサービスを広げていきたいです」

株式会社ビィ・フォアード
代表取締役 山川 様

成果

↑ 600%

ROI 向上率

4 倍

動的リマーケティングによる流入数増

ユーザー層の広がりに限界、 新規ユーザー層を集客したい

アフリカを中心に中古車の海外輸出を手掛けてきた同社は、設立当初より自社ブランドの認知向上のために、SEO 対策や輸出先の現地ニュース メディアへのバナー出稿などを行っていました。その結果、一定数の認知を得られたものの、SEO は成果が出るまでに時間がかかり、また、メディアサイトへの出稿は閲覧層が限られてしまうために効果が限定的になるなど、ユーザー層の広がりに限界を感じていました。

キーワード選択を国ごとに カスタマイズして効率的に集客

そこで同社は、幅広い層への認知向上を目的として Google 広告の導入を決定。検索広告を認知拡大から獲得まで幅広く活用する施策を開始しました。施策の展開も国ごとにキーワードを変え、細かい調整を続けています。同社は、クルマ関連ではいわゆるビッグワードから、製品名、製品番号など、さまざまなワードを網羅して登録しています。さらに、クルマとは関係がなくても、ユーザーが検索しそうなキーワードを数万語のレベルで登録。ユーザーがどのようなキーワードで検索しても社名「ビィ・フォアード」が表示されることを狙っています。さらに、アフリカの人が検索する傾向のある「ユーズドカー」のような 1 単語を多用するといった特徴的なキーワード設定も行っています。そうして認知度を確保した後でコンバージョン率向上を狙い、一度ウェブサイトで閲覧した商品・サービスを改めてバナーとして表示する動的リマーケティングを実施しました。

認知度、コンバージョン率、 売上・利益率も大きく向上

中古車市場では、クルマの価格は常に変動します。そこで同社は、訪問歴のあるユーザーに向け、関心のありそうなクルマの値下がり情報を通知することで購入を促しました。地元のニュース メディアへのバナー出稿などから Google 広告のディスプレイ広告や検索広告などに変更した結果、ROI が約 600% 向上。さらに、動的リマーケティングの導入により、流入数は 4 倍増を実現し、一度興味を持ったユーザーを確実に購入に結びつけることに成功しました。また、興味を持ったユーザーへの効率的なリーチを達成し、同社は売上増加にも成功しました。また売上は、Google 広告開始前と比較して約 3 倍増となりました。もうひとつ Google 広告の成果として、新たな市場獲得がありました。カリブ海諸国やオセアニア諸国に試験的に Google 広告を配信してみたところ、非常に大きな反応があり、飛躍的に販売台数が伸び、全社の利益率も大幅に向上したのです。

Google 広告を今すぐ始めるには こちらをクリックしてください。

アカウント設定のサポートが必要な方はこちらの電話番号から Google 広告担当者にお電話ください:0120-443-099*

共有しよう

広告で顧客を増やしましょう

  • 1. アカウントを登録
  • 2. 予算を設定
  • 3. 広告を作成
0120-443-099*

Google 広告担当者にお電話ください。アカウント設定のサポートをいたします。

平日(土日祝日除く)9時~18時