戻る

Google 広告の予算管理: 9 つのポイント

重要なポイント

先進的なビジネス オーナーの方ならよくご存知のとおり、オンライン検索は、生活の一部として日常そのものに浸透しています。知りたいこと、やりたいこと、手に入れたいものがあるとき、まず手近なデバイスを使用するのが今日のユーザーです。見込み顧客がいれば、オンラインビジネスを活用し、 宣伝を強化するべきです。広告を成功させるためには、マーケティングの広告予算をどのように設定すればいいのでしょうか?

1. クリック課金型の広告とは?

2. 目標が決まれば予算も決まる

3. Google 広告とアナリティクスのアカウントをリンクする

4. 設定した予算を保守

5. Google ディスプレイ ネットワークは後に取っておく

6. ターゲット地域を絞り込む

7. 検索結果の最上位以外のポジションを狙う

8. ロングテール キーワードを使ってみる

9. 目的ごとにキャンペーンを分ける

10. 成果の確認と調整を繰り返す

Google 広告とは?

Google 広告(旧 Google AdWords)は Google が提供する広告サービスで、広告主様は Google 検索結果や Google の広告ネットワークに広告を掲載することができます。

Google 広告を使ってみる

Google 広告とアナリティクスから得られるデータをもとにオンライン マーケティング戦略を試み、キャンペーンを立てましょう。成果が出るまで広告の運用を調整し続けることが重要です。

1. クリック課金型の広告とは?

Google 広告のようなクリック課金型(PPC)の広告サービスの特長は、投じる広告費用とその使い方(配分、使用ペースなど)を、広告主様が自由にコントロールできることです。Google 広告では、広告主様は自社と関連するキーワードを指定し、そのキーワードの入札単価を設定する仕組みとなっています。ユーザーがその語句を Google で検索すると、入札単価に基づくオークションで広告が選ばれ、ユーザーに表示されます。表示された広告をユーザーがクリックし、広告主様のサイトを訪問したり電話をかけたりした場合に限り、ご指定の入札単価に沿った広告料金が発生します。

このため、掲載結果を確認しつつ計画的に運用すれば、最大限の予算効率でオンラインでのユーザー獲得を進めることができます。以下、広告の予算効率を高めるためのポイントをご紹介します。

2. 目標が決まれば予算も決まる

オンライン広告の掲載によって、どのような成果を実現したいと考えていますか?サイトへのアクセス数を増やすこと、地域のユーザーにもっと電話をかけてもらうこと、特定の地域あるいはユーザー層における認知度を高めることなど、さまざまなケースが考えられます。

求める成果のイメージを明確にすると、目標を立てやすくなります。目標が決まっていれば、予算の効率を最大限に引き上げ、その目標を達成できるよう、キャンペーンの設計や戦略の採用を行うことができます。スマートキャンペーンなら、1 か月の広告予算(上限値)を設定しておくだけで、指定した目標(クリック数または電話問い合わせの件数)の達成に向けて、広告の入札単価が自動調整されます。広告掲載に慣れてきたら、コンバージョン単価(CPA)やインプレッション単価(CPM)といった他の入札戦略も試してみましょう。

スマート キャンペーンとは?

スマートキャンペーンは、小規模ビジネス向けのスマートで手軽なソリューションです。Google を利用するユーザーに的確なタイミングで広告を表示して、自社のことを知ってもらいましょう。

詳細

3. Google 広告とアナリティクスのアカウントをリンクする

広告が検索結果に表示された回数(インプレッション数)やクリックされたかどうかは Google 広告の管理画面ですぐ確認できますが、それによって発生した「コンバージョン」に関するユーザーの詳細な行動まではわかりません(コンバージョンとは、広告主様の目的に直結する有益なアクションのことで、商品の購入、電話問い合わせ、フォームの送信など、さまざまなものをコンバージョンとして設定できます)。無料ツールの Google アナリティクスを利用すれば、広告をクリックして広告主様のサイトにアクセスしたユーザーが、その後どのような行動を取ったか把握することができます。

たとえば、ある写真スタジオがオンライン広告を掲載したとします。広告をクリックするとウェブサイトのトップページに誘導される仕組みなのですが、Google アナリティクスのデータを見てみると、トップページに案内されたサイト訪問者のほとんどが、すぐに「作品紹介」ページへ移動していることがわかりました。この場合、ユーザーが求めているのはむしろ「作品紹介」ページの情報なのだと推定できます。広告のランディング ページ(リンク先)を「作品紹介」ページに変更したほうが効果的かもしれません。

またアナリティクスなら、ある広告をクリックしてサイトに誘導されたユーザーが、すぐにサイトを離れた割合も把握できます。この場合、その広告を表示するきっかけとして指定したキーワードが、求めるユーザー層とうまく合わないかもしれません。コンバージョンにつながらないクリックで無駄な費用が発生しないよう、キーワードの変更を検討するといいでしょう。 .

こういった情報は、予算運用とどのように関係してくるのでしょうか。上記のような変更を加えることで、見込み顧客にとっての広告の利便性が向上し、コンバージョンの増加につながる可能性があります。また、広告の内容に対するランディング ページやキーワードの的確さ(関連性)が向上すれば、広告の「品質スコア」の上昇も期待できます。品質スコアは Google 広告における予算の使い方を左右する重要な要素で、スコアが高ければ平均クリック単価の低下につながります。詳細: 品質スコアについて

4. 設定した予算を動かしすぎない

Google 広告で 1 か月に使うマーケティング予算を決めたら、しばらくは予算を変更せずに運用しましょう。Google 広告では 1 日あたりの予算使用量の上限を設定できるようになっていますが、実際の利用額を確認すると、日によって上限値を上回っている場合があります。これは、Google がその日の検索トラフィックを分析して、検索ユーザーが多い日は広告の表示頻度を高めに、トラフィックが少ない日は表示頻度を低めに自動調整しているためです。これにより、費用は 1 日の予算の最大 2 倍まで費やされる日もありますが、、費用の細かい変動を気にして予算を頻繁に変更することは避けましょう。キャンペーンの設定を変更する場合は、現在の設定での掲載結果データがある程度揃ってから行ったほうが効果的です。また、1 日ごとの費用が前後しても、1 か月全体で見れば予算の範囲内になるよう自動調整されるため、予算を超える心配はありません。

入札単価シミュレーションとは?

Google 広告の入札単価シミュレーションでは、異なる入札単価を設定していた場合に 1 週間の広告掲載結果がどのように変化していたかを確認できます。

Google 広告でさまざまな広告戦略を試してみましょう。

5. ディスプレイ広告で広告戦略を強化する

検索キャンペーンを試してみて、一定の成果が得られたら、Google ディスプレイ ネットワーク用のキャンペーンも作成しましょう。検索キャンペーンで蓄積したインサイトを活かすことにより、ディスプレイ広告に投入する予算を効率的に最適化できます。

検索広告よりも幅広いオーディエンスにリーチできるディスプレイ広告を導入すれば、総合的な広告戦略をさらに充実させることができます。ディスプレイ広告は、コンバージョン率は相対的に低めですが、長期的にはブランドの認知度や印象を向上させる効果があります。

6. ターゲット地域を絞り込む

地域密着型 のお店での集客が目的なのに全国で広告を掲載すれば、目標達成につながらない形で予算を消費する結果になりかねません。Google 広告のターゲット地域設定を調整し、来店の可能性がある近隣のエリア、あるいはその他の理由でビジネス上重要なエリアで検索しているユーザーに絞って広告を表示し、予算効率を高めましょう。

地域ターゲティングは、国際的なビジネスを展開する場合にも有効です。まずは、成果が出やすい地域、あるいは大都市圏をターゲットに設定してキャンペーンを展開しましょう。Google 広告の指標データや Google アナリティクスのデータをもとにトラフィックやコンバージョンが多く発生している地域を割り出し、見込み顧客が多い地域だけにターゲットを絞れば、予算を効率よく使うことができます。

7. 最適化を重ねて掲載順位の向上を目指す

検索結果の最上位以外のポジションを狙う広告は効果がないと思ってしまいがちですが、上から4 番目以降の掲載枠であってもトラフィックは発生し、クリック単価を抑えられる可能性があります。当初は掲載順位が低めであっても気にしすぎず、徐々に広告戦略を最適化して成果の向上を目指しましょう。

8. ロングテール キーワードを使ってみる

ロングテール キーワード(3文字以上のキーワード)の活用を検討しましょう。このようなキーワードは、わかりやすく人気なキーワードほど競争が激しくないため、低めのクリック単価で利用できます。一方で具体性は高いため、購入や電話問い合わせ、来店という行動に至る可能性の高いユーザーを呼び込めるメリットもあります。たとえば写真スタジオで、卒業シーズンの学生向けの顔写真の 撮影企画を宣伝したい場合、「顔写真」や「写真スタジオ」ではなく、「卒業生顔写真スタジオ 」のようなロングテール キーワードを指定して、まさにそのようなプランを求めているユーザーからのクリックを狙うといいかもしれません。

Google 広告には、キャンペーンで使えるロングテール キーワードの候補が見つかる無料ツールも用意されています。 詳細: キーワード プランナーの使い方

9. 目的ごとにキャンペーンを分ける

。広告予算をキャンペーン1つに注ぎ込むのはあまり良くありません。なるべく 2つ以上のキャンペーンを作成して運用してみましょう。 予算をキャンペーン単位で設定しているものの、運用中のキャンペーンが 1 つしかない場合、提供中の商品やサービスに合致した具体的で多様なキーワードが検索される前に、Google 広告に割り当てた予算がなくなってしまう可能性があります。

おすすめの運用例として、ウェブサイトの項目ごとにキャンペーンを作成することが挙げられます。サイトのセクションは、商品やサービスのカテゴリ、あるいはテーマに対応していることが多く、キャンペーンの区分としても流用できます。先ほどの写真スタジオの例で考えるなら、「(顔写真)」というキャンペーン 1 つだけで運用するよりも、次のようなキャンペーン構成にするといいでしょう。

  • キャンペーン: 結婚記念(写真撮影?)
  • キャンペーン: 学生向け / 卒業記念ポ(写真撮影?)
  • キャンペーン: イベント撮影

予算はキャンペーンごとに設定できるため、これなら目標に応じて広告予算の配分を調整できます(卒業シーズンには「学生向け / 卒業記念(写真撮影?)」キャンペーンの予算を多めにするなど)。その上、新規顧客には検索内容に具体性の高い広告を表示し、内容に最も適したページを選ぶことも可能です。

10. 成果の確認と調整を繰り返す

Google 広告の最大の強みのひとつは、キャンペーンの詳しい掲載結果を参照してオンライン マーケティング戦略を改善していくことができ、予算(を)もそれに応じて常時変更できる点です。これにより、キャンペーン効果の有無をテストし、改善する必要のある分野を把握し、調整して行くことができます。Google 広告とアナリティクスのデータをもとに、常に新しい戦略やキャンペーンに挑戦し、ビジネス目標に合った理想的なアプローチを見つけましょう。

まとめ

Google 広告は、予算規模の大小を問わず、ビジネス目標達成に向けた有効な一手となり得ます。広告費用の使い道に注意し、ここでご紹介したポイントに沿って計画的に運用を進めましょう。テストと調整を続け、オンライン マーケティングの投資対効果を最大限に高めることができます。

共有しよう

Google 広告を使ってみる

  • 1. アカウントを登録
  • 2. 予算を設定
  • 3. 広告を作成
0120-752-655*

*1 日あたりのご予算が 1,000 円以上のお客様に電話サポートを提供しております. 平日(土日祝日除く)9時~18時