戻る

オンライン マーケティング戦略入門:ウェブ マーケティングとは

この記事のポイント

現代のウェブ マーケティング(オンライン マーケティング)は急速に進歩しています。広告の掲載場所が新聞などの出版物やテレビに限定されていたのは昔の話です。現在では、ソーシャル メディアから Google 広告まで、大規模ビジネスはもちろん、中小規模ビジネスのオーナーも簡単に革新的でコストのかからない新しいマーケティング手法を利用できるようになりました。

1. オンライン マーケティングとは

2. オンライン マーケティングが重要な理由

3. オンライン マーケティング戦略の種類

Google 広告とは

Google 広告(旧 Google AdWords)は Google が提供するビジネス向け広告サービスです。Google 広告では、Google の検索結果や広告ネットワークに広告を掲載することができます。

Google 広告を使ってみる

適切なオンライン マーケティング戦略を活用して、大規模ビジネスに対抗するための新しい方法を発見する中小規模ビジネスが現れてきています

1. オンライン マーケティングとは

オンライン マーケティングとは、形式を問わず、ウェブ上で行われる広告活動やマーケティング活動を指します。メール、ソーシャル メディアの投稿、検索エンジンに表示される有料広告などで配信されるすべてのプロモーションを含んだ用語です。見込み顧客にリーチするため、企業は自社のマーケティング戦略をインターネットへとシフトさせ、コストを抑えつつ、より関連性の高いユーザー層へリーチを広げています。

適切なオンライン マーケティング戦略を活用して、大規模ビジネスに対抗するための新しい方法を発見する中小規模ビジネスが現れてきています。予算が限られていても、企業は工夫をして、購入サイクルの各段階にいる顧客に効果的にリーチすることができます。ユーザーは、最初に購入を検討してから、購入直前の最終段階まで、あらゆる段階でブランドに注目しています。

2. オンライン マーケティングが重要な理由

ブランドをユーザーにアピールできる総合的なマーケティング プラットフォームがあります。データ分析や最適化ツールを活用して、関連性や購入する確率の高い見込み顧客にリーチすることができます。これにより、費用を抑えつつ、マーケティングの投資収益率(ROI)を改善できます。さらに、必要な作業をプログラムやツールに肩代わりしてもらえば、見込み顧客をワンクリックで見つけることができます。

3. オンライン マーケティング戦略の種類

オンライン マーケティングの予算を最大限に活用するには、マーケティング戦略の検討が必要です。まずは、現実的な目標を設定し、少ない種類の戦略でスタートしましょう。各戦略の効果の有無をテストしたら、他の種類の戦略を含めてオンライン マーケティングを拡大していきましょう。

特に一般的な広告の種類としては、次のようなものが挙げられます。

コンテンツ マーケティング

コンテンツ マーケティングとは、広告を掲載するページに溶け込む「自然なコンテンツ」を作成し、ブランド認知度の向上を促進することを意味します。この「自然なコンテンツ」とは、形式を問わず、ユーザーにブランドとのインタラクションを促し、ユーザーがブランドと接点を持てるようになる共有可能なメディアのことです。コンテンツの種類には、動画、ブログ投稿、インフォグラフィックなどが含まれます。この種類のオンライン マーケティング戦略は、一般的にコストがかからず、主にブランドの認知向上と業界の方向性を表す指導者としての地位の確立を目的として利用されます。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、ウェブサイトにアクセスするたびに表示される画像広告や動画広告付きのデジタル ディスプレイ バナーのことです。商品やサービスの認知度を向上させ、ブランドを多くのユーザーの目に触れるようにするための効果的な集客方法として優れています。一般的に、ディスプレイ広告はユーザーの目を引きやすく、Google 広告のテンプレートを利用すれば簡単に作成できます。イメージ広告を作成するためのシンプルな手順や、広告の成果を高めるためのヒントも合わせてご覧ください。.

メール マーケティング

名前のとおり、メール マーケティングとはメールを使ってユーザーにリーチするシンプルな方法です。使用するメールには、期間限定の特別セールの宣伝から、業界の最新情報やトレンドまで、さまざまな種類があります。メール マーケティングでは、外部のメーリング リストを使ってユーザーを見つけるのではなく、顧客が自ら情報を提供することが重要です。自分から積極的に購読の登録をしていないユーザーに送信したメールは、スパムと見なされやすくなります。

有料検索広告またはクリック課金型(PPC)広告

このオンライン マーケティング戦略では、Google 広告などのサービスを利用して、検索エンジンの結果ページに表示される広告を使ってビジネスを宣伝します。企業は、あらかじめ指定したキーワードでユーザーが Google 検索をしたときに、特定のテキスト広告を表示し、クリックされた時点で料金を支払うようにすることができます。複雑に見えるかもしれませんが、有料検索広告は簡単に利用できます。これを活用すれば、毎日 35 億人のユーザーが利用するグローバル市場である Google 検索にビジネスを表示できるようになります。

詳しくは、有料検索広告に関する記事をご覧ください。

検索エンジン最適化

検索エンジン最適化(SEO)とは、「オーガニック マーケティング」を指す用語として使われることが多いです。ウェブサイトを最適化して検索エンジンの結果ページでウェブサイトを宣伝するためのベスト プラクティスを導入することが該当します。たとえば、特定のキーワードをページ内に含めたり、ウェブサイトを使いやすい構成にすることが挙げられ、この目標で関連性の高いコンテンツと最適なユーザー エクスペリエンスを提供することができます。

ソーシャル メディア マーケティング

このオンライン マーケティング戦略には、Facebook、Twitter、LinkedIn、Pinterest などの SNS での有料機能や無料機能の利用が含まれます。ブランドはユーザーの興味や注目を集める記事を自社のサイトや他のサイトで投稿し、その投稿がターゲットであるユーザー層の目に触れるよう無料または有料で設定します。ソーシャル メディア ネットワークは、ユーザーが好みが似ている他のユーザーに興味のあるコンテンツを簡単に共有できる点で、非常に有益なリソースです。

まとめ

業種や最終的な目標に応じて、導入すべきオンライン マーケティング戦略は異なりますが、確実に言えるのは、オンライン マーケティング戦略が必要不可欠になってきていることです。業種や規模を問わず、コストを抑えながら、関連性の高い顧客とつながるための後押しとなります。始めるのに詳しい専門知識は必要ありません。まずはインターネット マーケティングとは何か、そしてどのように自社ビジネスに導入すれば良いかを理解しましょう。適切なオンライン マーケティング戦略が見つかれば、ビジネスもたちまち成功を収めることでしょう。

今すぐ新しい Google 広告キャンペーンを開始する

共有しよう

Google 広告を使ってみる

  • 1. アカウントを登録
  • 2. 予算を設定
  • 3. 広告を作成
0120-752-655*

*1 日あたりのご予算が 1,000 円以上のお客様に電話サポートを提供しております. 平日(土日祝日除く)9時~18時